結婚相談所で結婚をするにはどうすればいいのでしょうか?結婚相談所について全く分からないという人のために、結婚相談所 Allure の代表でもあり仲人でもある杉山真千代さんに教えてもらいました。

結婚相談所で結婚する為に

結婚相談所を使ってスムーズに結婚をする為の秘訣をご紹介します

結婚相談所に入るタイミング

結婚相談所に入るタイミングというのは、年齢ではなく自分が結婚をしたいというタイミングで入会をするべきです。

婚活というのは、すごく大変な作業ですし、とても疲れます。例えば、今までは、会社いってyogaなどのお稽古にいってお家に帰るというトライアングルの生活を続けていたのに、そこに婚活がはいってくるというのは、大変な事です。

30歳になったからなんとなく婚活をしようという気持ちだと、婚活が続かなくなってしまうことが多いです。

また、本人に本当に結婚をしようという気持ちがないと、相手の男性の方にもその気持ちが伝わってしまうので、なかなか成婚がしにくいというところもあります。

結婚相談所に入ろうとする人の中には、友達がすごく条件がいい人と結婚したから、私も負けないように結婚しようとする人がいます。

けれども、友達に負けたくないという気持ちで婚活するのもやめたほうが良いと思います。

結婚はゴールではなくスタートなので、結婚さえすれば勝ち組になれるというものではありません。

友達に負けたくないと思っている人は、結婚をゴールだととらえていることになります。そういう人は、ご自身も年収もけっこうもらっているので、年収面では結婚する必要がないことが多いのです。

また女性は、日頃街中で幸せに結婚している人をみるだけで自分の今の環境と心の中で比べてしまい、イライラするという気持ちを持つ人がいます。婚活をする独身女性のほとんどの方はそういう時期を経験しています。

自分は、一生懸命働いてきて彼氏も特にいらないと思っていたとしても、ふと結婚をしている人をみると、羨ましいという気持ちを通り越してムカつくという気持ちになってしまうそうです。

そういう風に、周りを意識してどうこうという状態ではなく自分が心から結婚をしたいと思った時に婚活をすることが良いと思います。

自分に合う結婚相談所の選び方

色んな結婚相談所を実際に見てみると良いと思います。成婚をするためのポイントというのは、相手の男性を紹介してくれる仲人さんと、どれだけ意思疎通ができるか?仲良くなれるか?という事がポイントの一つです。

ネットで相手を検索するシステムは、同じシステムを使っていることが多いのです。システムも同じ、学歴も同じ、容姿も同じ女性が婚活した場合、仲人さんと仲が良い人の方が成婚率は圧倒的に高いです。

仲人さんは、『どのタイミングで結婚を考えるべきか?』とか『相手が自分にあっているのか?』とか自分ではわからないことも客観的にみて相談にのってくれますし、仲人さん同士で集まって情報共有する時も、仲が良くて良いところをたくさん知っている会員さんというのは、仲人さんも紹介しやすいので、そういう場で、取り上げてもらいやすいです。

結果的に結婚が決まりやすくなります。

弊社の場合は、交際中の二人のLINEのメッセージのやりとりや、おデートの過ごし方等も指導をしています。最初は男性と全くLINEをやったことがなく毎回、私に何を送ったら良いのか?と相談してきていた女性会員さんも男性とメッセージすることに慣れてきて、結果的に成婚していきます。

そのくらい、自分がなんでも相談ができてやりとりしやすい仲人さんがいる結婚相談所を選ぶのがいいと思います。

結婚相談所の料金

結婚相談所の料金は、本当にまちまちです。弊社の場合は3段階にわかれています。

結婚相談所料金表

結婚相談所での結婚する全体の流れ

1.面談

最初に、仲人さんと面談をしてどういう人と結婚をしたいのか?またなぜ結婚をしたいのか?などと色々とお話をします。

2.入会

結婚相談所に入会をします。

その時は、下記のような書類を提出して入会になります。

【ご入会必要書類】
1. 独身証明書
2. 住民票
3. 卒業証明書
4. 収入証明書(男性のみ)
5.会社員の方は勤務先社員証コピー
6. 医師、弁護士、公認会計士、看護師等専門職の方はその免許
のコピー

3.プロフィール作成

ネット上で色んな会員の方に検索した時に表示されるプロフィールを作ります。

4.お見合い

プロフィールをみて、自分からお見合いを申し込んだり、相手からもお見合いを申し込まれたりして、両者がお見合い希望となった場合にお見合いを実施します。

お見合いの段階では、お互いの苗字とプロフィール上の条件しか知らない状態です。

この時の待ち合わせというのは、仲人同士がやりとりをするので、ドタキャンもないですし、どのホテルのラウンジの花屋の前で待っているなど細かく連絡をとっているので会えないなどのトラブルもなく安心です。

5.交際

お見合いをして、もう1度会いたいと思った場合やおつきあいをしたいと思った時というのは、仲人にその旨を伝えて、双方がそう思った時にはじめて(LINE IDは伝えませんので削除)フルネーム、携帯番号などがお互いの仲人を通じて交換できます。

そこからは、普通にやり取りを行うのですが、弊社の場合はどういうメッセージがいいのか?デートはどこがよいなどそういう相談ものり細かくケアをします。

6.成婚

お互いに結婚の意志を固めて、プロポーズをうける準備が整ったら成婚になります。プロポーズをいつするのか?ということもこちら仲人同士で確認をします。

一度うけたプロポーズを破棄することはできませんから、プロポーズ前に確認したいことや不安なことは全て解消しておきます。

本人に直接聞きにくいようなことは、こちらで仲人を通じて確認をとります。

 

結婚相談所でお見合いが決まりやすい女性

お見合いが決まりやすい女性というのは、写真が重要です。女性はシステム上から気になる男性を10人選んでくださいというと、10人全く顔が違う人を選ぶのですが、男性に10人気になる女性を選んで下さいというと、10人同じタイプの女性を選びます。

ぽっちゃりした女性が好きな男性は全員ぽっちゃりした女性を選びます。

男性が、この人と結婚したら楽しい生活ができそうだなと妄想できるような女性がお見合いは決まりやすい傾向があります。写真のポイントは、ほんの少しの色気がポイントです。どんなに美人でも全く色気がない写真をプロフィールに使っている女性はお見合いが決まりにくい傾向にあります。

同じ人でも、写真を変えただけでお見合いが多数申し込みが来ることがよくあるので、写真を一番こだわるとお見合いは決まりやすいです。

顔の角度を変えただけでも一気にお見合いの申込みが増えることがよくあります。どの角度が色気がでるのか?というのはその人によって変わってきます。

 

また、既存のプロフィール以外にコメントを書く欄があるのですが、ここのコメントも男性にその後の結婚生活を想像させるようなコメントが書いてあるとお見合いが決まりやすいのです。

 

結婚相談所のプロフィール写真時のお見合いが決まる洋服

プロフィール写真用の洋服も弊社の場合は、ご自身に試着室で写真をとってもらって何件も洋服屋さんを回ってもらって一番お見合いの申込みが来そうな洋服を選んで購入をしてもらっています。

やはり、その人によってよりお見合いが来そうな服というのは変わってきます。

結婚相談所のお見合いでお付き合いを申し込まれやすい女性

女性は、お見合いで断られるということはほとんどありません。あまりにも会話が続かなかった、笑顔がなかったという以外は、事前に男性は女性の家庭環境や学歴なども知った上でお見合いを申し込んでいる状態だからです。

 

女性がお断りをされる会話が続かない例としては、女性があまり男性に対して質問を積極的にしないというような時です。

何か男性が話をしていても、『へぇそうなんですね』『そうなんですね』しか言わない女性はお見合いでお断りをされる事が多いです。

 

『そうなんですね』としか女性が会話していないと、男性がそこから楽しい結婚生活を想像しにくい事がお見合いを断られる原因です。

特に、顔が綺麗とか可愛いだけの女性というのは、年収がある男性ほど、別の女性でもいいかなと思われてお断りされやすいのです。

 

結婚相談所のお見合いで好感度があがる服装

結婚相談所のお見合いで、相手の男性から好感度があがる服装としては、ゆれる柔らかい素材のブラウスとスカートやワンピースというように、女性らしい服装の方がよいです。

写真と一緒で、ほんのりとした色気がお見合いが上手くいくポイントになります。仕事のパンツスーツなどで行かないほうが良いと思います。

 

もちろん、お見合いが上手くいって交際ステータスになればパンツを履くこともあると思います。

ただお見合いがうまくいかないとその先はないので、まずお見合いで気に入られる服装を心がけてください。

 

結婚相談所のお見合いで女性が好感度があがる会話

結婚相談所のお見合いで女性が好感度があがる会話術としては、下記のようなものがあります。

  • 笑顔で会話をするようにする
  • 相手が話をしている時は、相手の話に相槌をうつ
  • 質問をするようにする
  • メニューを相手に差し出すなどちょっとした気遣いができる

結婚相談所のお見合いで女性が使える小技

結婚相談所のお見合いで女性が使える好感度をあげる小技もあります。例えば下記のような事をすると、男性からの好感度は上がりやすいです。

お見合いの20分前に行って並んでいる

お見合いの待ち合わせ時間の20分前に行ってホテルのカフェとか並んでいるところに並んでもらいます。

そこで、男性が10分前位に来る事が多いのですが、男性が来た時には既に並んでいると男性は、なんだか申し訳ない気持ちになって『おまたせしてしまってすみません』という事が多いのです。

その時に、にこっと笑顔で『お見合い楽しみで早く来ちゃいました』というと結婚相談所でのお見合いでの男性からの好感度はあがります。

 

お見合いでのお会計時の態度

男性は自分がおごるつもりでも、全くお財布を出さない女性の事は嫌だなと思います。お会計の時は、おごってくれると分かっていてもお財布を必ず出して『いくらですか?』と聞くようにした方が好感度があがります。

さらに、男性が『いいですよ』といったあと、にこっと笑顔で『ごちそうさまです。じゃ次回は私が払いますね』というと、お見合いで断られることはほとんどなくなります。

結婚相談所のお見合いで相手の男性をお断りしたい時

結婚相談所のお見合いで、相手の男性をお断りしたいと言う時は、仲人さんにその旨をいえば仲人さんが先方の仲人さんに断りを入れてくれます。

 

お見合いでの別れ方

お見合いで最後お別れする時のお別れの仕方も『今日はありがとうございました。出会えて嬉しかったです』というようにすると、お見合いはうまく行きます。

『じゃどうもまた』みたいな女性はうまく行きにくいです

 

このように、女性はとにかく素直さと愛嬌が大事です。『私はそういうのを売りにしていない』と突っぱねる女性もいらっしゃいますが、男性は愛嬌がある素直な女性が好きなので、そういう女性の方がどうしても成婚がしやすいのです。

 

結婚相談所のお見合いで断られる男性の特徴

結婚相談所のお見合いをして、お断りをされやすい男性というのは、女性に対して配慮がない人です。

弊社の場合は、3回女性からお断りをされたら、実際のお見合いのシミュレーションをやり直しして、いけないところをチェックしています。

こんな行動をとっている男性はお見合いでお断りされやすい

・待ち合わせの時に出会えた報告を仲人さんに連絡する事に必死になってしまって、女性を待たせている

  • メニューを『何飲まれますか?』と女性に差し出せない
  • 水がなくなったことが気になって、相手の女性の話を聞けない
  • 会話を広げられない

このように、他の事に気を取られて、相手の女性に対して気遣いが出来なくなってしまい相手の女性と会話ができなくなってしまう男性は、結婚相談所のお見合いでお断りをされやすい傾向があります。

結婚相談所のお見合いでお断りされない男性

また、女性が『趣味はYOGAです』といった時に、『そうですか』で終わってしまうような男性です。

男性は、『YOGAについて知らないから話を広げられない』というのですが、知らないことこそ、コミュニケーションをとって相手に質問ができる男性はお見合いでお断りされません。

趣味がyogaと言った女性に対して、『僕あまり、yogaには詳しくないのですが、どんなポーズがあるんですか?』というような形で話を広げることができて、共通の趣味で話が盛り上がる場合は、お見合いでお断りをされません。

 

35歳以上の女性が結婚相談所で気をつけるべきこと

結婚相談所は、女性の場合年齢が若いほうが有利になる事が多いのです。けれども、35歳以上の女性でも結婚できる可能性はあります。

その為に気をつけるべきことをご紹介します。

結婚相談所の仲人さんと意思疎通を常に取る

35歳以上の女性は特に、仲人さんと仲良くして他の仲人さんにアピールしてもらえるようにしたほうがよいです。

というのも、インターネットのプロフィールをみて男性がお見合い相手を探すのですが、34歳以下という条件で検索をしている男性には、35歳以上の女性のプロフィールは出てきません。

そういう時に、仲人さんと仲良くしておいて、相手の仲人さんにアピールしてもらえることがあれば、男性も年齢がちょっと希望とはちがうけれどもお見合いしてみようかなと思うことがあります。

私と結婚するとどういう特典があるのか?ということを明確にしたほうが良いと思います。例えば、毎日凝った手料理が食べることができてレパートリーが多いというものでも良いと思います。

自分も相手を選ぶ条件を広げる

35歳以上の女性で結婚相談所ですぐに成婚をする人というのは、自分も相手を選ぶ条件に幅をもたせるという事です。

基本的には45歳ぐらいまでの男性と思っていても、46歳で良い人がいればお見合いしてみる。

 

また、35歳以上になると、女性も年収が高い女性が多く例えば自分が年収600万円位だと、年収800万円の男性じゃなきゃ嫌とか、年収1000万円の男性じゃなきゃ嫌という方がいらっしゃいます。

けれども、実際婚活をしてみて結婚が決まった時の相手というのは、年収500万円だったということもあります。

他人に負けたくないということばかり考えていると、結婚が決まりにくくなります。

けれども、年収1000万円の男性は、25歳の自分の好みの女性と35歳の自分の好みの女性がいた場合、結婚相談所では25歳の女性が選ばれる傾向にあります。

普通に、飲み会や街での出会いであれば、35歳くらいの女性かなと思っても実際は45歳だったけれども、35歳にしかみえない素敵な女性だからお付き合いしてみようかなと思うのですが、結婚相談所では男性も家の事を考えて結婚相手を探しているので条件をみていることが多いのです。

 

その為、35歳以上の女性は待っているだけでなく自分からもどんどんお見合いの申込みをして実際に会うチャンスを作っていく人が結婚相談所で結婚が決まりやすい人になります。

 

結婚相談所のお見合いで自分に合う男性の見分け方

結婚相談所のお見合いであった男性が、自分にあうのか?わからないと言う人はすぐに仲人さんに相談をしてみたほうが良いです。仲人さんは何人ものカップルを見てきているので、この人は合う、合わないというのがはっきりと分かります。

 

やはり、サラリーマンの家庭で育った女性が自営業の大きな会社に嫁いでしまうと辛かったり、公務員の家庭で育った女性が全く違う環境に嫁ぐというのも結婚した後が辛いことが多いのです。

結婚はゴールではなくスタートなので、結婚した後の自分の幸せを考えて結婚相手を選ぶようにすると良い結婚ができます。

 

1日何回も仲人さんに連絡をする人もいるくらい、仲人さんはどんどん利用した方が良いです。仲人さんに連絡をしたからといって追加料金をとられるわけではないので、利用をしないと損です。

 

結婚相談所を退会するタイミング

結婚相談所を退会するタイミングはご自分の好きな時に退会をするのが一番良いと思います。

また婚活をしていて疲れたら、休会か退会はした方が良いと思います。だんだんなんの為に婚活をしているのか?分からなくなってしまうので、疲れたままずるずるやらないほうが成婚率はあがります。

 

結婚相談所の婚活は女子力があがる

例えば、合コンで上手くいかなかったとしてもなぜ自分が合コンで上手くいかなかったのか?ということは、自分では分かりにくいです。

けれども、結婚相談所であれば、はっきりとこういうところが駄目だと分かるので全体的に女子力があがります。

 

また長年彼氏がいなかったような人は男性の目を意識するので、雰囲気が変わったとか周りの人に言われるようになります。

着やすさだけで選んでいたものが、男性の目からみてどううつるか?という事を意識しだす事が理由です。

 

またメイク講座に通ったというような女性もいます。

 

結婚相談所用語

基本的に、わからないことは仲人さんに聞けばなんでも教えてくれますが、基本的な用語をご紹介します。

 

仲人・・  ・担当について、自分にあっている男性を一緒に探してくれる人。

お見合い・・・ネットのシステムを使っていいなと思う人と実際にはじめて会う時

交際・・・・・お見合いした人同士がもう一度会いたい、付き合いたいと思った状態

成婚・・・・・プロポーズをして了承したなど、お互いが結婚の意志を固めた状態


杉山真千代

TV・イベントの出演や、Webでのインタビューを受け、数多のカップルを成婚に導いてきたアルールメインカウンセラー。男女の恋愛コンサルタント、ライフスタイルプロデューサー。国内結婚のみならず、海外富裕層の方との国際結婚にも精通。

結婚相談所allure http://allure-tokyo.jimdo.com/

杉山さんに結婚相談したい方は undemi33@gmail.comまでご連絡ください。


 

おすすめの記事