目次

結婚したいのに、いいご縁がない・・・。私は一生ひとりぼっちなのかもしれないそんな風に悩んでいる女性の為に、本気の婚活術についてご紹介したいと思います。これを実践すれば結婚ほとんどの結婚したい女性は結婚ができます。

特に、20代は何もしなくてもなんとなく男の人が勝手に寄ってきてくれて、それとなくモテテクを実践していればなんとかなっていたというそこそこの美人だけど、30代になったらパッタリお声がかからなくなってしまったという人やそもそも男性と付き合ったことがないとか、恋は遠い昔においてきてしまったという喪女タイプまで結婚できてしまいます。

20代は愛嬌ですが、30代からの婚活はテクニックです。

30代で婚活に勝つ女の思考チェンジ

結婚したいのに結婚できないなんて悩んでいる人は、本当は結婚したくなかった!なんてことがよくあります。

自分ではこれはなかなか気づくことができないのですが、何故か結婚できないと思ったら、実際は『周りが結婚しているから、自分も結婚をしなくてはいけないと思い込んでいた』『親が結婚をしろというから』結婚したいと思い込んでいただけで、実際は結婚に対する良いイメージがなく自然と結婚できる行動をとらないようにしていたということがあります。

 

あなたは本当に結婚がしたい?

結婚したいのにできないと言っている女性に意外と多い自分では気づけない問題があります。

たとえば、自分の実家のお母さんの顔を思い出してみてください。自分の頭の中に思い浮かんだお母さんは幸せそうに笑っていますか?

実家のお母さんを思い出した時に、お母さんが怒っている顔だったり、泣いている顔が思い浮かぶ人やお母さんが辛そうだったというイメージがある人は、自分のお母さんが幸せそうじゃないようにみえていたという事になります。

結婚=幸せじゃない

というイメージが自然とあなたの中についていることがあります。

それが原因で、結婚が幸せに思えなくて本当は結婚をしたくないという事があります。やみくもに結婚できないと嘆くのではなく、まずは自分が本当に結婚をしたいと思っているのか?自分の本音と向きあってみることが本気の婚活のファーストステップです。

30代女性が婚活しても結婚ができない理由

人間は、不思議なもので、自分では意識をしていなくても、無意識のレベルで『結婚してお母さんみたくなりたくない』と思っていると、結婚できません。

正しくいうと、できないのではなく、結婚できない人と付き合ってみたり、あえて結婚をしないような行動をとります。

不倫にはまってしまったり、絶対に結婚をしようといってくれないような問題がある男性とのおつきあいを選ぶような行動をとることがあります。

このように、結婚したいのにできないと思っている人は、結婚しないように、結婚をとめる思考が働いていて結婚できない行動をとるようになります。

中には、お父さんが、好きすぎてお父さんが自分の心の中の一番だから、自分も二番目になる不倫のような恋しかできないという人もいます。その他としては、自分なんて幸せになる価値のない人間だと思っている人もいます。

もちろん本人は、そのことには気づいていないのですが、先程のお母さんの例でいくと、お母さんがなんだか幸せそうじゃないなと子供心に思っていたとします。

例えば、子供は、お母さんを笑顔にしようと思って、頑張ります。

勉強も一生懸命に頑張って、お手伝いも頑張って、あれも頑張って、これも頑張ってそれでもお母さんが笑顔にならなかった時、『あぁ私はなんて駄目な人間なんだ』という気持ちがでてしまいます。

お母さんを幸せにできない自分は価値が無いなぁと思ってしまっているんです。

このように、お母さんを幸せにできなかったというのは、一例ではあるのですが、

 

『私なんて駄目な人間』

 

この思いが、そのまま自分の中でくすぶって大きくなっている人が、おそらく結婚できない人の半分以上はいます。

どうしてそんな風に思ってしまったかというのは人それぞれなのです。

あぁ駄目な人間が、簡単に幸せになるべきじゃないとか、幸せになっちゃいけないと思っているから、結婚しないように、結婚しないように行動をしています。

無意識の部分の思考が、あなたを結婚しないように邪魔をしているからこそ、結婚ができないというワケです。

結婚できない思考から結婚できる思考へ

さて、ここまで読んでいただいていかがでしたでしょうか?あなたは、本当に結婚したいと思ったでしょうか?もちろん、改めて色々考えて結婚しないというのも全然OKです。

親がいうからとか、お母さんを幸せにしなきゃいけないからとか、周りに変な目で見られるから結婚したいと思っていただけだった!本当は私結婚したくない!と気づく人もいると思います。

結婚は、しない方が日常生活を自由に自分の都合だけで過ごせるので、楽であることは間違いありませんから、もう一度考えて結婚しない!結婚したくない!その選択はそれで正しいのです。

けれども、やっぱり一人でずっと毎日を過ごすよりも、大変でも誰かと人生を歩んでみたいと思ったという人は、結婚できない思考から結婚できる思考チェンジが必要になります。

次は、結婚できない思考から結婚できる思考になる方法についてです。

 

30代婚活で結婚できる思考の磨き方

結婚できる思考って何?というと、一番大事な事は2つあります

  • 私は幸せになるべき人間
  • 私には結婚する人生が合っている

まずはシンプルこの二つです。

人それぞれ、結婚しないように邪魔している思考はいろいろと持っていると思うのですが、それを超えるくらいこの二つを強くもっていれば、結婚できる思考になります。

ここからは、このページを読んでくださっている方だけに、特別に幸せになれちゃう秘密を教えてしまいます。

最初にももお伝えしたのですが、実は結婚したいのに結婚できない女性というのは『どうせ私なんて駄目な人間』という気持ちを持っている方がほとんどです。

その気持ちを取り除くだけで一気に、今までの辛かった恋愛は何だったんだろうというくらい、幸せな恋愛をつかみます。

この『どうせ私なんて・・・』という気持ちを大人になってもずっと持ってしまっている理由は色んな理由があります。

 

お母さんを幸せにできなかったという思いを持って大人に育ってしまったケースもありますし、お母さんが過保護すぎて、そういう思考が育ってしまった場合も、逆にお母さんが厳しすぎてそうなってしまった場合など、実に、様々な理由があります。

色んな理由でそのような思いを持ってしまったとしても、そこから脱出して、幸せな恋愛をつかむことができるのが、『どうせ私なんて・・・』という気持ちを捨てて、『私って頑張っていてすごいな。偉いな。幸せになるべきだよね』と自分で思う事です。

どうですか?今自分で、『私って頑張ってて偉い』と思った時に、どんな気持ちがしますか?

苦しいですか?ついつい『こんな私なんて全然まだまだ』と責めてしまいたくなりますか?

そんなあなたは、不幸恋愛体質になってしまっている可能性があるので要注意です。

今まで、熱心にアプローチしてきた男性がHしたとたんに冷たくなったとか、ダメンズや二股など、幸せでない恋愛をした経験がある人が多いと思います。もしくは、全く彼氏ができたことがないという人もいると思います。

こんな風に、『私、毎日がんばっているなぁ偉いなぁ』と思えない人というのはどうしても、不幸な恋愛を引き寄せやすくなってしまいます。

それをやめるだけで、簡単に幸せな恋愛体質になれて、幸せな結婚も引き寄せることができるようになります。

引き寄せというと、スピリチャルなもののように聞こえるのですが、もう少し詳しく説明してみると、『私なんて』と思っていると、私なんて幸せになっちゃいけないと思うので、不幸になる選択ばかりしてしまいます。

また、『私みたいな人に言い寄ってくれる人は他にもう現れないかもしれない』と思ってしまって、最初だけ熱烈に口説く遊び人の男性になびいてしまうのです。

決してスピリチュアルなものではなく、ロジックなんです。

『私って頑張ってるな!素晴らしい!』と思っていると、たとえ婚活をやっている最中に、相手の男性に断られたとしても『たまたま合わなかっただけ』と思えて次の男性とすぐ恋をはじめられたり、遊び人の男性自体が『こんな僕なんて』と深層心理で思っているので、同じエネルギー同士が惹きあってしまいます。

モラハラ、DV、浮気などいわゆるダメンズといわれているすべての男性は、みんな無意識に『どうせ俺なんて』と思っています。

どうせ俺なんてという思いが原因となって、様々な問題行動を起こしてしまいます。そして同じく『どうせ私なんて』と思っている女性をみつけて惹きあってしまいます。

このように、『私って頑張っている素晴らしい』こう思っているだけでまずダメンズが排除できるようになりますので、幸せな恋愛体質になれます。

そのくらい、毎日自分をほめるという事が結婚したい女性が婚活をしていく上では重要な事になります。

30代女性が幸せになれる結婚とは?

『自分は幸せになるべき人間だ』ということを、潜在意識に叩き込んだら、今度は自分はどんな結婚だったら幸せなのかな?という事を考えてみてください。

例えば、年収3千万円欲しい!と年収にこだわって婚活している人がいます。

私の周りにも年収3千万円以上の男性はたくさんいますが、一番強烈な人は、家族には5万円しか渡していないという人存在しているので、ただ年収3千万円の男性と結婚できたら、幸せになれるのか?というとそうではないと思います。

年収だけで男性を判断している時に注意したいのは、今の自分ではない別の世界に”結婚”によって連れて行って欲しいという思いがある事があります。

その場合は、まだ『私は素晴らしい』って思えていない証拠です。今の私が好きになれないから、結婚という魔法で誰か幸せの世界に連れて行ってといっているという事になります。

こうやって結婚をすることで幸せになれると依存をしている状態ではなく、まずは自立をして、自分の本当の幸せな結婚は、どんなものなのか?ということをイメージしてみてください。

たとえば、彼に合わせて田舎でも全然大丈夫という人は、転勤がある職種でも大丈夫ですし、自分も仕事を続けたいと思っていれば、転勤がある人はちょっと困りますよね。

どうやって結婚のイメージを考えればいいのか?分からないという人は下記のような具体的な結婚のイメージをつくってみてください。

  • 仕事は続けるのか?やめてもいいのか?
  • 彼の実家にいずれは帰るような環境でも大丈夫か?
  • 彼の親と同居でも大丈夫か?
  • 毎日ご飯を作って一緒に食べる生活が良いか?お互い仕事が遅くて外食が良いか?
  • 彼が主夫のような生活をして自分が働く方がよいのか?
  • 子供は欲しい?いらない?
  • 休日の過ごし方は彼と一緒に過ごしたいか?一人でのんびりしたいのか?
  • 一緒にデートをするならどんなところに行きたい?カフェでケーキなのか?居酒屋で焼酎が希望なのか?
  • (酒好きなタイプの男性が良いのか?スイーツが食べれる男性が良いのか?ということだけでも変わりますよね)
  • クラブで踊りあかしたいか?山に登ったりアウトドアをしたいのか?
  • タバコは吸う人がいいか?吸わない人がよいか?気にしないか?
  • 犬を飼いたいか?動物は嫌いなのか?

こんな風に、自分が結婚後にしたい生活を思い描いてみると、自然と相手の男性の条件がでてくるんです。これは絶対いやというのをちゃんと洗い出すようにしましょう。自分の理想の結婚生活をもとに100個を目標に理想の結婚相手の条件をだしてみてください。

それが、他人に自慢をしたいからではなく、本当に自分に必要なものを選び出すというところが大切なのです。

そんなに、イメージできない人はまだ結婚生活自体がイメージできていないかもしれません。もしくは、まだ『こんな私が・・・』と思っている事が原因で、あんまり条件をいったら結婚出来ないかもと思ってしまってイメージがわかないということもあります。

実際に、結婚をしている友達などにあって友達が、実際に結婚してみてどのようなところに不満を持っているのか?自分は大丈夫か?などと、話を聞いてみるとよりイメージが湧きやすいかもしれません。

そうすると、自分の幸せな結婚のためにはどういう男性を選ぶべきなのか?という事もわかるようになります。

30代で婚活に勝つ女の外見

30代で婚活に勝つ女の外見はどのようなものになるのでしょうか?

30代婚活に外見って大事なの?

結婚は確率論なので、できるだけ多くの男性がファーストインプレッションで『あり』『なし』を判断する時に『あり』に入っている方が結婚は決まりやすいという事は事実です。

またお見合い紹介所の最初の写真選びの段階でも男性は、外見を重視するというデーターがはっきりと出ています。

例えば、100人の男性に会ったとします。そのうち自分がまぁいいなと思う人が15人で相手からいいかなと思われるのが50人を超えていたとしたら、自然とこの100人の中でも結婚が成立する確率があがるのです。

しかも、結婚したいと思っている100人の男性が結婚したいと思っている女性の外見なんてだいたい一緒なので、そこに合わせているだけでとりあえず外見では90%以上の男性に『あり』といわれることだってできるのです。

外見というのは、顔のパーツの事を指すのではなく、メイクと髪型と洋服でだいたいできるので、簡単に言うと90%の男性が『あり』というようなメイクと髪型と洋服を着ていれば良いのです。

結婚するために整形しろと言われたら

『結婚する為に整形?』ってありえないと思う人もいると思うのですが、実際に結婚相談所に入って、仲介人のレベルが低い結婚相談所だと本当に、そういう事を言う人がいるんです。

本当に結婚したいなら、少し整形しろとか、歯をなおせとかアトピーをなおせとか、なんやかんやいう人がいます。

もちろん結婚相談所は、写真でお見合いをするか?どうか?決まりますし、たった1時間お茶しただけで、この人と引き続き会うのか?会わないのか?を決めるわけですから、外見が美人な人の方が、仲介人がお見合いやおつきあいを決めやすいというのはあります。

ただ、冷静に考えてみてほしいのです。学生時代の同窓会などがあったら参加したら気づくのではないでしょうか?だいたい美人な女の子が、まだ結婚をしていなくて、学年で一番かわいくなかったあの子が結婚しているなんてことがあります。

つまり、結婚できる女の外見というのは、美人とブスが問題ではありません。

けれども、そんなことを言うような結婚相談所でそのまま婚活を続けて、駄目だしばかりされて、『私ってやっぱり駄目なんだ』となってしまっては、全く幸せな結婚から遠ざかってしまいます。

婚活で何よりも一番大事なのは『私って素敵!幸せになるべき!』という気持ちなのに、その心を折られてしまっては意味がありません。

もちろん少し整形をして『私って素敵』と思えるようになって自信がつくのなら、整形だっていいことです。

同じく、自分は標準体型より明らかに体重が多いなという人はダイエットをして、綺麗になって多くの男性に『あり』といわれるようになれば自分で自信もつきますし、良いとは思います。けれども、そのままのあなたでも充分魅力的です。その魅力を分からない人は放っておけばよいのです。

美人だって、暗い顔している人には誰だって結婚したいと思わないのです。それよりも笑顔で明るくにこにこしているブスの方がモテます。

美人やブスという顔の造作よりも、全体の雰囲気と明るい笑顔こそ婚活の最強の外見に関する武器になるのです。

自分を輝かせる服装の見つけ方

モテワンピさえ着ていれば必ずモテるというわけではありません。人それぞれいろんな人がいますから、自分をより輝かせる洋服というのは、人によって違ってきます。ただ、婚活をしている男性の多くは、女性らしい人と結婚したいという願望が強い人が多いので、パンツスーツというよりは、女性らしさを感じる服装にしたほうが婚活は成功しやすいのです。

女性らしい洋服というのは、スカートです。日本では男性はスカートを履かないのでスカートを履くということでまずは女性らしさをアピールできます。

女性らしさを意識した上で自分をより魅力的に見せるものをえらびましょう。

注意してみていくべきポイントは下記の点です。

・色

パーソナルカラーと呼ばれる人にはそれぞれ自分をより魅力的に見せる色があります。自分をより輝かせる色はどのような色なのか?ということを知っておくのはよいでしょう。

パーソナルカラー診断と検索すると色んなサイトで、自分に似合う色が何色なのか?という事が分かります。パーソナルカラーというのは、主に4つのタイプに自分をわけるというものです。

パーソナルカラーは検索をすればWEBでも簡単に行えますし、不安な人はプロの人にみてもらえるセミナーなどに参加して、自分をより輝かせる色を発見してみてください。

今まで全く意識をしていなかったという人は、パーソナルカラーの服を着るだけで、印象は一気に垢抜ける事が多いでしょう。

・素材感

男性に人気の大人グラビアアイドルさんのイベント時などの洋服は、いつも男性ウケするように、洋服をスタイリングされているので、勉強になりやすいと思います。

サテンやシルクなどの光沢がある素材だったりふわふわの素材だったり、簡単にいうと男性が触りたいと思うような触り心地がよい洋服というところがポイントになります。

毛玉だらけだったり、素材があまりよくないお洋服を着ていると、本来持っているあなたの魅力をダウンしてしまいます。

お洋服は魅力をダウンさせる素材ではなく、本来のあなたをより輝かせる素材をえらぶようにしましょう。

スカートにしても、Iライン、Aライン、フレアなど自分がもっともよくみえる洋服というがありますよね。どのような洋服が男性にウケるのか?全くわからないという人は、いたって普通のサラリーマンをしている男性の友達に一緒に洋服を選んでもらうというのもありですし、色んなパターンを試しながら、色々な男性と会う機会を増やして相手の男性の反応をみて、どのような形が自分を魅力的にみせているのか?という事をチェックしても良いと思います。

あとは、骨格診断という方法も今はあります。自分の骨格によって、どの服装が自分を魅力的にみせるのか?ということを知る方法です。

こちらもWEB上で簡単に診断ができるところもありますし、セミナーなどで知る事もできます。

30代婚活が成功するメイクと髪型

結婚しやすいメイクと髪型は、何がいいのか?というと自分と同じくらいの年のグラビアアイドルさんのメイクとヘアスタイルが男性ウケする髪型とメイクだと思うと分かりやすいと思います。

洋服は、写真集等の場合はセクシー過ぎるので、あまり参考にならないことも多いのですが、ヘアメイクは、同じにすればだいたい男性にモテます。

今は30代のグラビアモデルさんも多くいるので、そういう方のヘアメイクを参考にすると婚活は上手くいきやすいのです。

写真が、できるだけ売れている人を参考にすると、それだけ男性の最大公約数にささっているということになります。

特に、気をつけたほうがいいのが髪の艶です。

髪の艶というのは、女性ホルモンが充実していて、妊娠可能であることをアピールしますので、男性は無意識に本能で髪の艶がある女性を好みます。

その為、髪がパサパサしている女性というのは、子孫を残すことをメインとしている男性が多い婚活市場において、すごく損なのです。髪のお手入れは一番力をいれるべきところといってもよいでしょう。

美容院で定期的にトリートメントをしたり、色んな髪がきれいになるという情報から自分に合うものを探しあてるとよいでしょう。自分で色々と行うことが面倒くさいという人は、とにかくマメにお金の力で美容院でトリートメントをしてもらうようにしよう。

髪と同じくらい大切なのが、肌の艶です。肌の艶もきれいな方が若く健康で生殖可能であることをアピールすることにゆうりになります。

30代婚活で結婚しやすい服装

結婚しやすい服装というのは、分かりやすくいうと、最も多くの人達に嫌われずに、好感度をもたれやすい服装ということになります。

自分が本来好きな洋服とは違うなと思う人もいるかもしれませんが、婚活市場において、婚活コスプレというのは、本気で結婚したい女性にとっては大きな近道になります。

一番わかりやすいのは、朝の情報番組にでているアナウンサーの女性の服装は婚活市場ではだいたい外さないといわれています。さらに、髪と同様に男性に生殖可能としてアピールできるポイントがウエストのくびれになります。

これも、なにもしないままの状態だと、女性は生殖可能期間をすぎるとウエストのくびれがだんだんなくなってきてしまいます。

その為、ウェストを絞るというのは、無意識に男性に生殖可能をアピールすることになるので、男性がひきつけられるのです。実際はいくつであろうと関係ないのです。ウェストにベルトをして高低差を出せばそれだけで、男性を無意識に惹きつけます。

それを知っている女性は、アナウンサーが来ているような洋服にベルトを足して、ウエストを絞ったり、ワンピースでも、ウエストにリボンがついているようなものを選んでいます。

30代の婚活で素敵な男性と出会う方法

いい男が周りにいない・・・そんな悩みを抱えている人のためにどうすれば素敵な男性と出会うことができるようになるのか?ということについてご紹介をします。

30代の婚活は確率で攻めろ!

まず、婚活は確率なんです。周りにいい男性がいない・・・と言っている方は、それだけ行動をしていないという事になります。例えば20人に出会って1人いいなと思う人に出会うという女性は、さっさと100人と会う努力をすれば、だいたい5人位にいいな思える男性に出会えるという事になります。

あくまで目安ですが、そんな感じなので、とにかく色んな男性に積極的に会う努力をする女性が、結婚をしますし、ただ待っているだけで動かなければ、当然出会いはありません。

出会いは、待つものではなく、何種類モノ方法で自分から掴み取るものです。まずは出会いを掴み取らなければ、彼氏ナシから結婚なんて無理です。

30代婚活は既婚者の友達を味方につけよう

既婚者の人は自分が婚活市場からあがっていて余裕があるので、他の人の世話をやきたがる傾向ががいます。独身女性は自分よりもいい人と結婚されたら困るというライバル心があるので、婚活市場にいる同士は紹介してもらうことには適していません。

既婚者の友達の中でも、そういうおせっかい気味なお友達を見つけて、どんどん紹介してもらいましょう。

自分の理想の男性100か条を渡して、だいたい当てはまっているなというような人がいたら紹介してと配っておけば、自分の理想の男性を一緒に探してくれる味方が増えます。100項目も出すのが恥ずかしいと思えば、10個くらいの絶対外せない条件だけでもお伝えしておいて、みんなで探してもらうのが手です。

独身女性の場合は、飲み会やBBQの参加要員として、いつでもフットワーク軽く参加をして、困ったときはあの娘に声をかければいいかと思われるようなシステムを構築しておくと、出会いの数というのはあがります。

また、30代は首都圏出身でも都心にひとり暮らししている率も高いので、広告代理店などの深夜のお誘いにも応じれると重宝がられて声がかかりやすくなります。

30代婚活は紹介を活用せよ

既婚者の友達に”誰か紹介して”という事すら、なんだか自分が駄目な人間のような気がするという人がいますが、もしそう感じるのであれば、まだ『どうせこんな私症候群』にかかってしまっているという証拠です。

『こんな私』と思っていると変にプライドが高くなってしまいます。周りに自分はバカにされるべき人間だから、隙をみせてはいけないと思うようになるのです。私は素敵と思えていれば、素敵な私に誰か紹介してと気軽に頼むことができるようになります。

30代婚活は紹介をうまく活用するべきなのです。

30代婚活は婚活アプリを使い倒す

アプリ婚活で結婚したり、彼氏が出来ている人がすごく増えています。FACEBOOKと連携したアプリ婚活は使って色んな男性と出会うべきツールです。

まずは、写真を写真加工アプリなどで適度に修正して、可愛い写真をプロフィールにのせるようにしましょう。またプロフィールには声をかけられやすいような親しみやすいプロフィールにするというのもポイントです。

安っぽい女にみられたくないからといって、高級なワインを毎日呑んでいるようなプロフィールを書くと敬遠されてしまいますし、お金持ちにも敬遠されてしまいます。それよりもガード下の焼き鳥屋さんが好きですという女子の方が、男性からのお誘いは増えます。

とにかく色んな男性と実際に会ってデートをするという事が、ネット婚活では大切になってきます。やり取りが続いたら、実際に会って色んな男性と喋る練習をしてください。

いきなり上手く行かなくても大丈夫です。運命の人と出会うときまでの練習ですから。

30代婚活は待ちではなくテクが必要

20代はなんにもしなくて、程度にモテテクしてればそれなりに結婚できますが、30代で20代と同じことをしていては、20代女子にいい男をとられてしまうのは、残念ながら当然の原理なのです。

そこで、30代女子は20代と差をつけるべくテクニックで勝負しましょう。

30代婚活で逃してはいけない”ちょっといいな”

ちょっといいかなでも自分から誘うほどじゃないかな?と思った時はどうすればいいのか?それは、自分から誘うべきです。これが、20代と30代の差です。30代女子がちょっといいなと思うような男性で残っている独身女性は自分からいかないから独身の状態という男性がざっと3割程度います。そこを逃さず捕まえるためには、自分から

何人もの男性と出逢えば、ちょっといいなと思える男性がどれだけ少ないのか?ということにきっと気付けるでしょう。貴重なちょっといいなと思う男性は、逃してはいけません。

婚活パーティや飲み会自分から笑顔で話しかける

これは婚活市場において、鉄板中の鉄板です。どの場面でも男性と話す時は笑顔です。たとえそれが、ネット婚活のお見合いだろうと、飲み会であろうと、お見合いパーティーだろうと、常に女性は笑顔でいるだけで、勝手に男性は、なんだかこの娘と気が合うなとおもうようになります。

美人で笑わない女性よりも、笑顔のブスの方が圧倒的に人気があるのが、婚活市場なのです。また、お見合いパーティーや結婚相談所のお見合いなどは特に、自分からあまり積極的に誘えない男性が多いので、まずは自分から笑顔で話しかけるということをしてみてください。

ビジネスセミナーや異業種交流会なども素敵な人と出会えるチャンスになります。

また結婚したいのに結婚できない30代女性は、思考がすぐに結婚ととんでしまって、男性を『有り無し』でバサバサとカットしてしまう傾向があります。はじめは気軽に飲みにいける男友達を20人作ろうという位の感覚で出会いの場に出かけてみて下さい。そうすると構えすぎずに男性と話すことができるようになります

相手に気分をよくさせる会話術

銀座のホステスさんに男性が高いお金を払っても会いに行く理由って何か知っていますか?お酒を飲むだけだったら、もっと良いお酒を安くのめるところもたくさんありますよね?なぜ銀座のクラブなのでしょうか?

というと、銀座のホステスさんが、相手に気分をよくさせる会話術を提供しているからです。そのくらい男性にとって、気分をよくさせる会話術は価値があるものなんです。

当然飲み会の場やパーティーでもこれを活用すれば男性からモテるようになります。

20代女子であれば、『さすが~』『すごい!』を連呼していればなんとかなりますが、30代はそうはいけません。基本のモテ会話の「さしすせそ」(さすが、知らなかった、すごい、センスいいですね、そうなんですね)にプラスした会話の技が必要です。

・会話のテンポ

気が合うなとか話しやすいなと相手に思わせる小技は会話のテンポです。例えば、相手の方が頷くときに同じテンポで頷くなど、まずはテンポを合わせるということを意識してみて下さい

・自分がしゃべるのではなく相手に心地よく喋らせる

20代は自分の話をしていても可愛がられるものですが、30代モテは相手の話をきけるということ、そして気持ちよく喋らせる質問ができるか?というところになります。

この2つを感じながら、いつも男性としゃべることを意識してみましょう。

ちょっと高度なテクニックなのですが、喫茶店やレストランなどでデートをしている時は、相手が水を飲んだら合わせて飲んでみてくださ。

これだけで、親近感をうむといわれていますが、相手にわざと合わせていることをバレてはいけません。

あくまで自然と偶然にお水飲むタイミングがあってしまったという形にしましょう。これを心理的にミラーリングといって、同じ動作をすると好感度があがるというテクニックになります。

連絡先は自分から聞く

連絡先は自分から聞いてはいけないとか、連絡先を自分から聞いたらもてなそうとか、女としての価値が下がるというのは、昔々のお話です。

婚活においては、連絡先は自分からどんどん聞いてみてください。笑顔で、連絡先をおうかがいしてもいいですか?と明るくきいてみてください。

たとえ断られてもいちいちそんなことで傷ついていたら婚活はできません!だって長年の友達に、拒絶されたわけでもなく、たかだか会って数分話しただけの人にあなたの魅力が分かるはずがありません!

いちいち傷つかないで、自分から色んな男性の連絡先を聞けるように練習してみてください。こういうのは慣れですから、回数を重ねることが大事なのです。いざっと言う時のとびっきり男子のために、大して興味のない男性にも連絡先を聞いて下さい。

恋愛は、スポーツに似ていて、知識だけじゃ絶対に上手くいかなんです。例えば、どういう風に足を回転させれば、フィギアスケートで4回転をとべるのか?という知識があっても実際フィギアスケートで4回転飛べないじゃないですか?

恋愛で成功するにも、これと一緒で知識だけ本でいっぱいやっても駄目ですよね。いかに普段からコツコツと練習を重ねて、いざっと言う時にスムーズにできるか?というところが成功のコツです。

20人の仲良しの男友達を作ろう!とおもったらふと連絡先も聞きやすくなりませんか?

連絡するのも自分から

自分から連絡できないという人は、『こんな私症候群』にかかっていて、こんな私が相手にされるわけないって思っていたり、好きって思われたらどうしようとか、色々余計なことを考えてしまいますよね。でも最高の結婚を手にするためには、20人の仲の良い男友達をつくるという事を目標に婚活をしてみて下さい。

仲良しの男友達を20人作るのに、自分から連絡をするのは不自然ではないですよね。そう考えると、自然と自分から連絡をすることできるようになると思います。

とびっきりの結婚相手を探そうと思うからこそ、男性とのコミュニケーションに消極的になってしまって、上手くいかなくなってしまいます。

そんなに構えずに、男性と上手にコミュニケーションをとる練習をするようにしてみてください。

結婚したいのに結婚できない女性は、男性に対して壁がありすぎるのです。それはコミュニケーションがとれないという壁ではなく、なんだか男性を同じ人間としてみていなくて、品定めをしてしまっているような感じです。

あくまで人間同士としてコミュニケーションをできるようにならないと、気づいたら元美人のモテないBBAと呼ばれるようになってしまいますよ。

相手に気に入られるLINE小技テク

 

LINEも『今日はありがとうございました。また飲みましょう』のやりとりだけで終了ってことが多いのではないでしょうか?それをやって、誘い待ちは30代で婚活を戦い抜くには不利です。めっちゃくちゃ不利です。

一番効果的な方法としては、飲み会や出会いの場で相手の得意な事をリサーチしておきます。例えば、彼が釣りが趣味だとしたら、その場で今度釣り教えてください。というように相手の得意分野+教えてくださいアピールをしておきます。

そして、LINEでは、『今日はありがとうございました。また飲みましょう』のやりとりの後、次の日などに『本当に釣りをやってみたいのですが、初心者でもできそうなところに連れて行ってもらえませんか?』とLINEをするとその人との距離が近づきます。

教えてもらうというナチュラルな口実で、会う回数も自然と増えますし、男性は自分の影響をウケる女性の事がとてもかわいいなと思うようになります。

また、男性は得意なことを教えて褒められると良い気分になります。女性よりもプライドが全てと言うくらいプライドでいきているのが男性です。

気に入られたいと思ったらけなしてはいけません。心からこの人すごいなと尊敬するように、自分が知らないことを教えてもらうというのは気に入られるテクニックです。

 

 

30代婚活はちょっといいなは複数人確保

一人の人を一途に思って幸せになれるのは、恋愛コミックの世界です。現実は誰かとお付き合いがはじまったらちゃんとした方が良いと思いますが、特におつきあいをしているというわけではないのであれば、ちょっといいなと思うような男性と複数人で同時進行をしておいたほうがよいのです。

一人にかける必要はありません。それを男性に言う必要もありませんが、色んな男性と一緒に御飯を食べている女性の方が話題が豊富だったり、男性慣れするので、男性が喜ぶかういわ会話ができるようになります。

以上が30代婚活の基本のテクニックになります。

30代で婚活しても結婚できない女性の特徴

結婚できない女性には実は共通点があります。

プライドが婚活を邪魔する女

結婚というのが自分に対する評価のように思ってしまっている人がいます。つまり

結婚する男のスペック=それが自分に対する評価

これは、プライドが邪魔しているようで、実は隠れ『どうせこんな私症候群』であるタイプの女性の例です。

今の自分では満たされないから、すごい人と結婚をしてすごいと思われたいという気持ちが隠れている時に、こんなふうに男性のステイタスだけで結婚相手を選ぼうとしてしまうのです。

もちろん中には、ご実家が家元だからという人もいて、スペックを重視せざるおえないようなケースもあるのですが、そのような方は婚活をしなくても自然とお見合いで恋愛がきまります。

このような状態になってしまうと、たとえば、医師・弁護士・会計士となどのいわゆるみんなが結婚できるならしたいと思っているサムライ職の方に、最初だけ甘く口説かれたりすると、この機会はもうないかもしれないと思って、結果的に手のひらで転がされてしまったりして、痛い目に合ってしまいます。

さらには、男性を商品のように品定めしてしまうので、結婚がなかなか決まりまらずに、25歳から15年も婚活をし続けて40歳になったという人が意外といます。

自分が仕事もできて、稼げていつも自分のプライドを保つために必死で、自分に対しても厳しいから、他人に対してもどんどん厳しくなってしまって、会社でも怖いお局になってしまう事があるので、早めに自分の本当の幸せと向き合ってみてください。

タワーマンションでの生活や他人にすごいといわれるような生活にしがみついてしまう心には必ず理由が存在しています。

それがなかったら自分がダメだと思ってしまう理由って何でしょうかね??そこら辺から考えてみてもいいかもしれません。

 

好きな人が忘れられない女

婚活しているようで婚活していないのが、この好きな人が忘れられないというタイプの女性です。

いつも頭の中は好きな人でいっぱいになってしまいます。探しているのは好きな人と同等レベルのスペックで、自分を情熱的に口説いてくれる人だったりするのですが、そんな人はなかなか現れませんよね。

好きな人以外どうでもいいと思ってしまっているので、相手の男性も遠慮してしまいます。好きな人に執着してしまっている状態で婚活をしてもあまりうまくいかないですが、思い切って好きな人に告白するというのも怖いですよね。

そんな時も実は隠れ『こんな私症候群』の登場です。『こんな私には叶わないくらいの恋がちょうどいい』とか『こんな私を好きになってくれる人はいないと思っているから自分のことを好きになってくれない人に執着してしまう』とか、とっても複雑なのですが、自分褒めのトレーニングをすることで、あぁ幸せになってもいいんだなと思って、自分を幸せにする選択ができるようになります。

 

結婚シンデレラ願望の女

これもプライドが婚活の邪魔をする女性に少しにているのですが、仕事が大変なときなどに『あぁ結婚したい』とつぶやいてしまうタイプの女性です。結婚によって、全てがバラ色に人生が変わるのではないか?という期待をいだいてしまっています。このまま結婚するとすぐ離婚にもなりかねないのが、この結婚ですべてがバラ色になると思ってしまうタイプです。

他人と暮らすので、今よりも大変になるのが、結婚だと思って覚悟をしておいた方がしあわせになれます。

 

完璧主義な女性

完璧主義って実は結婚にあまり向いていない性格だったりもします。結婚というのは、相手の意見を受け入れあって譲り合って生活することなので、自分にとって完璧だと思っていることが、相手にとっても完璧とは限らないのにも関わらず、ついついそれを相手にも押し付けてしまいます。

結婚して夫はこうするべきというべきを押し付けてしまいます。コレが実は婚活にも影響をしていて、男はこう振る舞うべきというものを決めつけてしまって、こう振る舞うべきなのに、そんな風にしない男はありえないというように切り捨ててしまいます。

思い込みが強すぎる女

このタイプの人はこうに違いないというように、30代になると男性に対する価値観がガチガチに出来上がってしまいます。その為●●な男はこうに違いないと決めつけすぎて、男性とうまくコミュニケーションが取れない人がいます。

自分の思い込みを持ちすぎるのは、男性から敬遠されてしまいやすいのです。

結婚できない女性のまとめ

結婚できない女性は、一見強がっていても、「どうせ私なんか症候群」であることが多いんです。自分に自信を持つということが30代の婚活には一番大事なのです。

知らずしらずのうちに、こんな年齢まで結婚できなかった自分には何か欠陥があるのではないか?そんな風に思ってしまっているところがあるのが結婚できない女性の特徴でもあります。

30代で本当に幸せな結婚をするために気を付けること

ここまで頑張って婚活をするなら絶対幸せになりたい!本当に幸せな結婚をするためにはどうすればいいのでしょうか?

運命の人なのか?迷った時の判断方法

この人が運命の人なのか?迷って判断がつかないという時は、一緒にいて嫌だと思わないのか?疲れないか?というところを一番に考えてみて下さい。朝から晩まで毎日一緒にいても疲れないで、自分らしくいられる人が結婚すべき運命の人です。

また、簡単に見分ける方法としては、初デートのレストランを男性に選んでもらうと、その人と性格的に合うのか?合わないのか?ということが分かります。

できれば、男性が過去言ったことがある場所に連れて行ってもらうとわかりやすいです。

選んでもらってお店が居心地がよく、お料理も美味しいなと思えたら気が合う可能性が高いですし、なんか居心地が悪くてお料理も雰囲気も合わないなと思う人とは、やっぱり遠ヤっても合わないなんて事が多いのです。

なぜなら、人間の基本って食です。基本的に、みなさん食べ物を食べてそこから栄養をとって生きている、毎日欠かさずやることです。結婚して一番なにを一緒にするか?というとご飯を食べることといっても過言ではないでしょう。

その食に対する価値観が合うか?合わないか?というのは、生活全体の価値観が合うか?合わないか?ということにも影響してきます。その為、この人は合うのか?知りたいと思った時は、男性に過去いったことあっておすすめのお店に連れてってもらうとわかりますよ

いいなと思う人が決められない

いいなと思う人が、たくさんいて決められないということもあります。けれども、自分の本当の幸せになれる結婚生活像が描けていれば、自然とどっちと結婚すると幸せになれるのか?ということはみえてくるかもしれません。

また、そんな時に、両方からおつきあいを申し込まれた時は、素直にそういう状態でということを話してみてもいいかもしれません。

結婚となると、ありのままの性格を相手がうけいれてくれないようでは、やはり結婚生活は続かないからです。

現状、もう一人いいなと思う人がいて、その人にもおつきあいを申し込まれて、もう少し考えたいということを伝えて、素直に受けれ入れてくれたほうが、幸せになれる男性ですし、どっちも、離れていったら運命の人は別にいる可能性があります。

無理してとりあえず結婚してしまえばあとはなんとでもなると思わないように注意しましょう。あくまで結婚をしてから二人で一緒に生活をつくっていくスタートになるということを忘れずに・・・。就活がそこから社会人生活がスタートしたのと同じです。

自分の思い通りではなく二人で新しい生活をつくる

二人で新しい生活をつくるのですから、一人だけが頑張っても結婚生活はうまくいかないのです。婚活中に、結婚からその後をどれだけイメージしながら行えるか?ということで幸せな結婚をすることができるようになります。

おすすめの記事