向いてないかどうか?やってみないとわからないと思いますが、重要な事は、まず、社交的なのかどうか?でしょう。田舎は、ご近所の付き合いが命なので、嫌われると生きていけない怖さがあります。

素直さ、愛想よさがある女性が好まれ、農家の女性は、昔ながらの風習に添え、独自に生きてきた経験を持つ人たちですから、先輩たちの生きてきた暮らしを理解し、今の視点とは違う事も理解しながら、より添えれるかでしょう。

向いてない女性は、周りに合わせれない、挨拶ができない、そんな当たり前の事がめんどくさいと思うなら、都会のマンション暮らしが快適ではないでしょうか?

人との関わりを楽しめて、そして、自然の四季の良さを感じれる素朴さがないと向いていないかもしれません。

そして、ただ愛想がいいだけでなく、農家の事業で、不作の時期がきた時に、家族を支える明るさや

バイタリティーも大切で、ある意味、ドンと来い!!レベルな強さも必要かもしれません。

農家に嫁ぐメリットとデメリット

メリットは、食や農、健康に関心があるのなら、直に、自然の良さ、自然が肌で感じれるのとその産物を味わえれる、そして、製品として、販売する起業家としても発揮できるかもしれません。

ゆっくり流れる時を感じながら、自然と共に生きる余裕ある生活と、土地や家という所有物があるため、将来の安定は保証されているとも言われています。

サラリーマンではないので、リストラの恐怖もなりません。その反面確かに同じ毎日が続くので、退屈かもしれませんが、余裕のある気持ちで暮らせるメリットがあると思います。

デミリットは、まず、旦那様と旅行が行けないかもしれません。農作物の管理は、思うほど簡単ではありませんから、数日間と家を空ける事が出来ない、季節的に忙しい旦那様のお手伝いもあり、なかなか気分転換に旅行ができない声をよく聞きます。

毎日、共に、農家の仕事をするので、新鮮さが無くなるかもしれないので、お互いの努力が必要になるでしょう。

そして、同居が多い事もあり、なかなか二人の時間も意識してとらないと、新婚のラブラブムードは味わえないかもしれませんから、生活を共にする前の話し合いが大切です。

農家の家によれば、農家を奥さんが手伝ってほしい家もあれば、奥さんが家事・育児だけをしてくれればいい家もありますから、そこも見極めて、自分の希望や性格が合うかを慎重に、お付き合いしている段階で判断しないと、自分で、デミリットを作り出してしまいます。

農業をやっている人と婚活で知り合うには

婚活パーティーに参加するため、まずは、自治体でしている花嫁募集に応募してみる事ができます。

特に、過疎化が進んでいる地域は、より積極的に開催していますから、田舎ぐらしのサイトや雑誌などで情報を収集し、農業体験なども参加し、地域の雰囲気も知るのもいいかと思います。

農業と言っても、いろんな農業がありますから、実際体験し、もし、農業を自分が手伝うならどうなのかどの農業がいいのかイメージができると思います。

そうすると、実際、お嫁に行っても、戸惑いやギャップがないかもしれません。なぜ、農業をしている人がいいのか?そして、手伝っている自分が、想像でなく、体験する事で、より内観ができ、合う、合わないなど、沢山の気づきがあるかと思います。

大変な生活かも?と言う不安も解消されるかもしれません。想像でなく、体験する、まず、動いてみる事が不安を消すと思います。

農業をやっている人と合コンで出逢う方法

・農業の青年団が行う合コンに参加してみる

・農業婚活に参加してみる

いろんなサイトがあり、地方には、青年団が多くあります。大阪でも、少し外れた和歌山・奈良方面などにもあるので、そんなかなりの田舎しかないわけではありません。

あと、農業をしている人たちの合コンを応援しているサイトで、「コンパde恋プラン」があり、職業で検索して合コンをセッティングしてくれるものもあります。

年齢の条件を入力して検索もできますし、いろいろ探す時間もない方には、便利だと思います。


農業をやっている人が婚活アプリでモテる方法

まず、プロフィールを、畑の中で、超笑顔で写真を撮るなど、現在の生活がより見えて、そして、とびきりの笑顔で、爽やかに、すがすがしいイメージで撮影をしてください。

まず、「どうして農家の男性が女性はいいと言ってくれるのだろうか?」を考えてみてください。

農家の男性は、きっと、「真面目」「素朴」「爽やか」などのイメージが浮かぶと思います。

汗をかいて、作業をする姿に男らしさも感じているかもしれません。

そして、写真も大切ですが、女性が、重視するのは、古代から、男性は、狩りをして、獲物を掴まえて家庭に持って帰るのが習性で、女性は、その獲物を調理し、食べ物を子供たちに分け与える習性が、刻まれているため、家庭のイメージを即座に考えていきます。

イメージがつきやすいように、自分の農家のこんな事が楽しい!!など、一緒に楽しみながら暮らせるような明るい話を組み込みながら、生活は安定しているような肝心の資産なども、キッチリ書いてください。

男性からすると、嫌かもしれませんが、女性は安心して暮らせる毎日がなにより大事なんです。

実際、農業をやっている男性に会った女性に聞くと、「しっかりした人が多かった」と言われます。

今の時代、軟弱な男性が多いと言われていますが、農家を営む男性は、「自営業主」なので、農産物を買い手に交渉していくなど、経験値が高く話す事が豊富な男性も多いと言われますから「男らしさ」「逞しさ」を強調するような経験などもPRしていくプロフィールを書く事もよいかと思います。

農家の嫁を募集しているサイトはこれ

・PCMAX

検索の枠に「農業」など入力すると全国の地域で登録している人を検索できます。

こちらは、農業体験、パーティー、イベントなど、ガッツリ婚活だけでなく、まず、参加しやすい交流会なども観光会社と提携し、稲刈や農産物の収穫体験などができるツアーも満載です。

自分が、まず、本当に農家に嫁ぎたいのか?も試せて、ゆっくり体験しながら見極めるチャンスかもしれません。

自分に合ったものから、申し込めて行動をおこしやすいかと思います。

花嫁募集 MIXI

花嫁募集中農家募集コミニティは、いろんな地域の情報、募集、個人の出会いの希望など様々な情報がありますから、直接、本人と繋がるメリットがあります。

農産物の写真付きなどもあり、農家の雰囲気もわかりますから、イメージもできやすいでしょう。

農業をやっている人と婚活で出逢う方法まとめ

農業も、様々な物があります。まず、どんな農業がいいのか、何処に住みたいのか?

沢山の情報を集める事も、もちろんですが、やみくもに集めるだけでなく、自分の将来のビジョンが見えるように、自分を見つめる事からがスタートだと思います。

そして、次に、準備です。農家のお嫁さんは、家族は、多いかもしれません。相手の親御さんと暮らす、もしくは、近くに住んでいるなど、大勢での食事の機会も多いかもしれません。

お料理を学び、婚活パーティーや婚活のサイトのPRは、お料理と趣味に書くと、農家の男性は、お嫁さんになった時、安心するイメージにもなります。そして、女性らしさを強調するため、PRの写真は、ワンピースなど、家族と上手くやってくれそう、癒してくれそう、素直そうな雰囲気づくりを出した写真にして、農家の男性が守りたくなるような優しいイメージを作ってください。「家庭的、元気そう、明るそう」な雰囲気は、どの職業の男性なら好まれると思いますが、特に農家の男性は、家族、ご近所さん達、周囲と溶け込んでもらえるのかが、重要ポイントと思われますから、他の職業の方より、その部分は、重視されるでしょう。

PRを、普通のサラリーマン受けと違う認識を持って頂き、しっかりPR出来た次には、行動です。

行動は、情報を集めて、どんどんコンパ、パーティーに出てください。その時に、どうして農家の男性がいいかを、必ず、聴かれると思いますので、キチンと想いを伝えれるように、自然が好きだからとか、旦那さんと力を合わせて出来る仕事だからとか、笑顔で話せるように心がけてください。

仕事別の婚活サイトは、多数ありますし、まず、どんな農業や土地柄がいいか調べるつもりで、パーティーなど、交流できるイベントに参加してください。町おこしで、いろんなイベントをしている地域もありますから、積極的に動いてみるのが大事で、1人だし・・と躊躇される方も多いですが、基本的に女性

は、1人での応募が多いため、気にすることなく、参加できます。

嫁ぎたい地域、農家が明確になれば、条件に合う自治体に婚活支援事業があるのか?問い合わせたり、町の広報誌を見て婚活事業を行っているのかを聞いてみたり、最近は、バスツアーを組んで、自治体が企画をしたりと多くなっています。自治体が、総出で行う事業ですから、遊び半分で参加する男性は、ほぼいません。農家を一緒に継いでしてくれる奥さんを探していたりする長男の方が多く、皆さん、真剣です。

「結婚相手」を探しに来ていますから、農家の嫁になり、その土地で余生をと覚悟が決まっている女性なら、その真剣さが伝わるかと思います。まだ、覚悟が決まらなくても、農家を体験するイベントなど経験しながら、ご自身の気持ちが固まるかもしれません。頭で考えるよりも、行動で、そして、体験し、農家の大変さ、生計を立ててる様子を見てください。

それと、農業実習、体験も、農家、牧場主催で開催されているものがあります。

ただの農業体験、移住のための体験も、婚活じゃないし・・・と思われるかもしれませんが、確かに、男性も参加し、実際、農家を始める方用のイベントです。

しかし、いろんな期間で、受け入れて、直接、その農家さんの自宅で暮らせるなど、生活を共にできたり、ご近所さんになったりで、近い距離で、生活が見れて、そして、恋愛に発展するパターンもあります。

いろんな体験をしながら、婚活を楽しんでみてください。

おすすめの記事