せっかく頑張って婚活をしているのであれば、やはり幸せになりたいというのが女性の本音ではないでしょうか?今回は、実際に結婚をしたけれどもすぐ離婚をしてしまった女性たちの行動パターンや特徴などをご紹介します

すぐ離婚してしまう結婚の見分け方

このような結婚には注意が必要です

女性が一人で決めている

男性が決意をしてプロポーズをしているのではなく、女性が『いつ結婚する?』『両親の挨拶はいつがいいか候補聞いて』『じゃこの日にするから両親に伝えて』などと、女性が一人で全てを決めて結婚をすすめてしまっている場合は危険です。

そのまま結婚しても、男性側に結婚に対する決意がうまれていないと、仕事も結婚前と変わらずやり続けて、家事や家庭の負担を女性が一人で抱え込んでしまって、女性側の方が、『早く結婚したいと思ったのだからこれくらい我慢しなくては』と思い込んでしまって、どんどんストレスを溜め込んでいきます。

それに反して男性はいつまでたっても、行動が独身の時から何も変わらず、貯金や将来設計などなにも家庭に対して協力をしないで、ゲームや趣味などをしているという状態になり、結果的に女性が疲れ果てて爆発をしてしまい離婚となるケースがあります。

確かに男性はあまり自分から結婚をしようと決意しないことが多いのですが、その場合でも、女性が自分の気持ちをきちんと男性に話して、男性が結婚に対して納得して決意をしている状態にすることで、このような事態を避ける事ができます。

男性に女性が自分の気持ちをきちんと話して、男性の気持ちがきちんと固まった段階で結婚をするようにしたり、いろんなことを決めるにも、『AとBどっちがよい?』と言う形で必ず男性に最後は決めてもらうようにするようにしましょう。

男性は女性に尽くしたいという性をもっていて、女性は男性に尽くされたいという性をもっているので、女性は一人で抱え込もうとせずに、とにかく男性を褒めておだてて、自分のために動かすようにすることを意識してみて下さい。

結婚=幸せの象徴というイメージが抜けない

結婚=幸せの象徴と思っている場合、結婚をしてもうまくいかないことが多くあります。例えば仕事をしていて、残業が辛い時に『あぁ結婚したい』と思ってしまう女性が結婚した場合、現実は今の仕事にプラスして、洗濯が2倍になったり、料理、掃除の頻度が増えたりなど、他人と暮らすこともあり、今辛いなと思っていることが結婚をしたから全て0になって幸せというイメージでいるひとは結婚したら、上手くいかなくなってしまうことが多いのです。

それも、男性に対しても『夫はこうするべき』とか『幸せな結婚とは』という幸せな結婚のイメージがもう出来上がっていて、それに旦那が合わないこともイライラしてしまって旦那に当たってしまう原因になります。

今辛いなと思っていることが結婚したら全て幸せになるということは思わずに、一人で生きているよりも大変なこともあり楽しいこともあるという心構えで婚活はした方が幸せになれます。

その上で、自分がどのような人生を歩みたいのか?自分の歩みたい人生に合っている男性はどのようなひとなのか?という観点で結婚を考えて婚活を行うと結婚した後に後悔がありません。

結婚したらそこで終わりではなく、そこからまた新しい生活がはじめるものになります。その生活がどのようなものがよいのか?考えて婚活をすると安心でしょう。

お互いの結婚後のイメージが一致していない

何年も付き合って同棲までしていたのに、結婚した途端1年で離婚をしてしまった人達もいます。

そのような人達が、離婚理由としてあげているのが、下記のようなものがあります。

1.『子供の有無』

子供が欲しいと思っている人と子供は絶対にいらないと思っている人で意見がすれ違ってしまってしまった

2.『親戚との関係』

結婚となると、親や兄弟との付き合いも発生します。同棲している時は、全く気にならなかったのに、結婚となった途端に親がでてきて、親の言いなりになる彼が嫌になってしまったというケースがあります。

3.『住む場所』

結婚した途端に実家の家業を継がなくてはいけなくなってしまって、田舎暮らしが合わなかったという事があります。

結婚する前に実家がどのようなことをやっていて、その事業をついだり将来は実家に帰る必要があるのか?など将来を一緒にはなしあっておくという事が大事です。

 

結婚後すぐに離婚してしまう夫婦まとめ

結婚がゴールだと思ってしまっていたり、結婚した後の生活のイメージが二人できちんと話し合えていないと、結婚をしてもすぐに離婚してしまうことがあります。

おすすめの記事